スポンサーサイト

------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

余計な物は、無いに越した事はない

20130727

昔からあるような写真館の写真で背景の前で直立しているもの、
いわゆる「型もの(カタモノ)」と呼ばれるものより、
ロケーションなどの自然な感じの撮影が、どこのスタジオでも好まれていますよね。

そういう訳で、場所を移動して写すのですが、公園とか色々。


そこですごく気になってしまうんですよ。
他のスタジオのそういう写真を見た時に。

1B5A7159.jpg


何が気になるかと申しますと、
電柱・電線の類、
だれかのうちの車とか、
関係ない人。

普通に入っています。



私達も公園に移動して撮影する事がありますが、シートを敷いてランチ真っ最中の人にどいてもらう訳にもいきませんし、
北海道のような大自然ではないので、何かしら入ってしまうのが当たり前です。



けれど、余計な物が写ってしまったって簡単な話で、消せばいいだけなのです。

が、それを驚くほどやっていない。



だから気になって仕方がない。

せっかくいい表情の家族の後ろに、電柱のドーンとそびえている写真が。



何も思わないのかな。
私が神経質過ぎるんだろうか。



ツキオカ写真館



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント
プロフィール

TSUKIOKA PHOTO

Author:TSUKIOKA PHOTO

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。